カードの管理画面

何度も聞いて覚えるための暗記カード

カードの管理画面


画面構成


画面上部


Img37.png


① 編集ボタン
タップするとカードリスト部が「編集・選択モード」に切り替わります。「編集・選択モード」の状態で再度タップすると元のモードに戻ります。
② 閉じるボタン
「カードの管理」画面を終了し、元の画面に戻ります。




画面下部(通常時)


Img38.png


① カード追加ボタン
カードを新たに追加登録します。カード編集画面の詳細についてはこちらをご覧ください。
② カード並び替え(ソート)ボタン
カードリストに表示される順序を変更します。
③ 表示テキスト切り替えボタン
カードリストに表示する「テキスト」の対象を切り替えます。
メモ、質問テキスト、解答テキストのいずれかを指定することができます。
④ 表示サイズ切り替えボタン
カードリストの各カード表示サイズ(高さ)を切り替えます。
⑤ 検索ボタン
タップするとカードの検索を行う「検索モード」になります。



カードリスト表示部(通常時)


Img39.png



カードリスト表示部にはカードの情報が表示されます。
質問データ、解答データはサウンドデータとテキストデータの登録状態がそれぞれアイコンで表示されます。
カードのデータタイプに一致しないデータが登録されている場合(例えば、サウンド再生データタイプのカードに登録されている質問テキストデータと解答テキストデータ)、半透明のアイコンで表示されます。


【カードリストで可能な操作】

カードの再編集(タップ操作)
カードをタップすると、そのカードを再編集することができます。
カードの削除(左スワイプ操作)
カード部を左スワイプ操作すると、そのカードを削除することができます。



画面下部(編集・選択モード時)


編集ボタンをタップすると、選択・編集モードに切り替わり、画面下部のボタンも変わります。


Img40.png


① カード削除ボタン
選択したカードを削除します。
② 一括設定ボタン
選択したカードに対してStarやCheckの状態を一括設定します。
③ カード移動ボタン
選択したカードを他の暗記帳に移動します。



カードリスト表示部(編集・選択モード時)


編集ボタンをタップすると、カードリスト表示部が編集・選択モードに切り替わります。



Img41.png



【カードリスト表示部(編集・選択モード)で可能な操作】

カードの選択、選択解除(タップ操作)
カードをタップすることでそのカードを選択状態、または選択解除状態に切り替えることができます。




カードの並び替え(ソート)


Img42.png


① 基準
並び替えの基準を指定します。「ユーザー」を指定すると、「順序を指定する」ボタンが有効になりカードの表示順を自由に変更することができます。
また、「ユーザー」で指定した順序はオプション画面で指定可能な暗記時のカード出題順序の設定「ユーザー」指定時にも利用されます。
② 順序を指定するボタン
基準で「ユーザー」を選択すると有効になります。「順序を指定する」をタップすると、自動的にカードリストが編集・選択モードに切り替わり、カードの表示順序を変更することができます。
昇順・降順
指定した基準に対して「昇順(Ascending Order)」で表示するか、「降順(Descending Order)」で表示するかを指定します。



表示テキストの切り替え


Img43.png


① 表示するデータの対象
カードリストで表示するデータの対象を選択します。



表示サイズの切り替え


Img46.png


① 表示サイズの切り替え
カードリストの各カード情報表示領域を変更します。



検索モード


Img45.png


① 検索キーワード入力部
検索キーワードを入力します。
② 検索対象切り替え
入力したキーワードでの検索対象を選択します。
③ 検索モード終了ボタン
検索モードを終了します。
④ キーボード非表示ボタン
キーボードを非表示の状態にします。再度表示するためには、①の検索キーワード入力部をタップします。