読み上げテキストを質問・解答として登録する

何度も聞いて覚えるための暗記カード

読み上げテキストを質問・解答として登録する


読み上げテキストを質問・解答として登録するには


1. カードの編集画面を表示します。


読み上げテキストを登録するカードの編集画面を表示します。
カードの編集画面は「カードの追加」や「カードの編集」操作を行うことで表示されます。

※カードの追加方法についてはこちらをご覧ください。
※カードの編集方法についてはこちらをご覧ください。


Img79.png



2. 登録データのタイプ「読み上げテキスト登録」を選択します。


質問データ、解答データに読み上げテキストデータを登録するため、「登録データのタイプ」では「読み上げテキスト登録」を選択します。

※「カード編集画面」の詳細についてはこちらをご覧ください。


Img89.png



3. 質問として再生する読み上げテキストデータを編集します。


質問として再生する読み上げテキストデータを登録します。


Img90.png




テキストデータを登録するための方法は下記の2通りです。

a. 直接入力する方法
ソフトウェアキーボードを利用して読み上げテキストを直接入力します。
b. クラウドストレージを参照してテキストファイルをダウンロードして登録する方法
クラウドストレージ(iCloud DriveやDropboxなど)を参照し、テキストファイルをダウンロードして登録します。
※クラウドストレージの利用方法についての詳細はこちらをご覧ください。


※どちらの方法で登録した場合でもアプリ内部では同じデータ形式に変換して保持されます。(そのため、クラウドストレージへのアップロード時は登録時の形式にかかわらず、Unicodeテキスト形式のファイルを生成します)



a. 直接入力する方法


テキスト登録状態表示部をタップして、テキスト編集画面を表示し、テキストを編集します。


Img91.png


Img92.png




b. クラウドストレージを参照しダウンロードして登録する方法


ダウンロードボタンをタップすると、デバイスにインストールされている利用可能なクラウドストレージアプリの一覧が表示されます。
(クラウドストレージの利用方法についてはこちらをご覧ください)

利用するクラウドストレージアプリを選択し、表示されるアプリのUIの指示に従ってダウンロードするファイルを選択してください。

クラウドストレージアプリを選択してからダウンロードが完了するまでは選択したクラウドストレージアプリが動作します。この間の動作にご不明な点がございましたら、クラウドストレージアプリのリリース元にご確認いただくよう、よろしくお願いいたします。




Img93.png


Img94.png



テキストの調整(文字エンコード)

クラウドストレージからテキストファイルをダウンロードした場合には、テキストの調整画面が表示されます。ダウンロードしたファイルのテキストが文字化けしないように適切なエンコードを選択し、「取り込む」ボタンをタップしてください。


Img95.png



4. 読み上げの言語を設定します。


登録したテキストを読み上げる際の言語(声)を選択します。
入力したテキストの言語に対応しない言語(声)を選択すると、読み上げがスキップされる場合があります。(例えば日本語テキストを入力し、言語(声)をスペイン語設定にする、等)


Img96.png


Img97.png


※言語(声)の選択画面に表示される言語はiOSで利用可能なものがリストされます。iOS標準の「設定」の「一般 > アクセシビリティ > スピーチ > 声」で追加や編集が可能です。 



5. 読み上げの速度を設定します。


暗記画面で読み上げをする際の速度を設定します。
設定可能な範囲は0から100の値です。
(各国言語音声を利用した読み上げの場合、”1倍速”の定義を行うことが難解なことから、サウンド再生速度のような倍速設定とは異なる数値で設定します)


Img98.png



6. 解答用テキストデータも同様に登録します。


質問の読み上げテキストデータと同様に、解答の読み上げテキストデータも登録します。


Img99.png



7. 「完了」ボタンをタップします。


カードのその他の情報(StarやCheck、タイトル、メモ)を編集し、完了ボタンをタップして編集内容を確定、保存します。


Img100.png