エクスポート - エクスポートの設定画面

Img1.png

わたしの選択問題 ヘルプ

使い方トップ

表示

画面別

表示

目的別

表示


エクスポート - エクスポートの設定画面

正しく問題データをファイルに書き出す(エクスポートする)ための設定を行います。
「エクスポートの手順」についてはこちらをご覧ください。


画面上部


ImgL1.png


開始ボタン
設定を基に問題データをファイルにエクスポートします。エクスポートして生成されたファイルはアプリ内に保存されていますので、「クラウドストレージ」機能を利用してアプリ外部に移動します。
閉じるボタン
エクスポート設定を終了し、トップ画面に戻ります。


エクスポートファイル名

生成するエクスポートファイルの名称を入力します。
下部ボタンをタップすることで自動的にファイル名を入力することもできます。


ImgL2.png


問題集名
タップすると問題集の名称をエクスポートファイル名として自動入力します。
問題集名+時刻
タップすると問題集の名称に時刻情報を付加した文字列をエクスポートファイル名として自動入力します。


設定

ここではお使いのPC(表計算ソフト)で正しく表示するための設定を行います。

ImgL3.png


エクスポートするファイルの形式

エクスポートして生成するファイルの形式をCSV(Comma Separated Values)とTSV(Tab Separated Values)のいずれかを選択します。基本的にはCSV形式を選択してください。(CSVとTSVについてはこちら)
ここで指定した形式によって自動的に付与されるエクスポートファイル名の拡張子が決定します。

CSV形式
.csvが付与されます。
TSV形式
.txtが付与されます。


文字エンコーディング

ファイルを生成する際に問題データの質問文や解答文として登録されているテキストをエンコードする必要がありますが、この時のエンコーディング方式を指定します。
本設定が不適切だった場合、PCの表計算ソフトでエクスポートファイルを開いた際に文字化けが発生したり、エラーで開くことができなかったりします。
大抵の場合は「UTF-8」を指定することで問題がないと思いますが、入力した文字に特殊な文字や各国言語が含まれている場合は問題が発生する可能性があります。
お使いのPCや表計算ソフトにてCSVファイル(Txtファイル)を開く際のエンコーディング方式をご確認の上、その方式に合わせて設定してください。

補足情報
Microsoft社の表計算ソフト Excelの一部版では、CSV形式のファイルを強制的にShiftJIS方式で開こうとします。ShiftJISは主に日本語向けのエンコーディング方式であることもあり、問題データに各国語を含む場合に文字化けする可能性があります。
本問題の詳細と対応方法についてはこちらをご覧ください。



改行コード

本アプリはCSVファイルやTSVファイル形式でエクスポートファイルを生成する際に、それぞれの形式にしたがって改行を意味するコードを挿入します。
ところが、困ったことにこの改行を意味するコードがOSによって異なるのです。(表計算ソフトが自動判定してくれる場合もあります)

改行コードを誤って設定した場合、表計算ソフトでエクスポートしたファイルを開いた際に、問題データの改行がうまく反映されない場合があります。
OS別におおよそ決まっていますので、下記のようにお使いのOSに合わせて設定していただくことで問題なく表示できると思いますが、問題が発生した場合はお使いの表計算ソフトの改行コードをご確認の上、それに合わせて設定してください。


LF(Mac/Unix)
主にMacOSやUnix/Linux系のOSをお使いの場合の設定です。
CRLF(Windows)
主にWindowsをお使いの場合の設定です。
CG(ClassicMac)
主に旧Mac(Mac OS バージョン9以前)をお使いの場合の設定です。