クラウドストレージ画面

Img1.png

わたしの選択問題 ヘルプ

使い方トップ

表示

画面別

表示

目的別

表示


クラウドストレージ画面

クラウドストレージ画面では、利用可能なクラウドストレージを利用して問題データを含むCSVファイルやTSVファイルのダウンロード、アップロードを行うことができます。


画面構成

クラウドストレージ画面には、アプリ内に存在するCSVファイル(.csv)とTSVファイル(.txt)の一覧が表示されます。

ImgM1.png


アップロードアイコン
タップすると利用可能なクラウドストレージアプリを利用してそのファイルをアップロードすることができます。
利用するクラウドストレージアプリを選択後、そのアプリの指示に従いアップロード処理を行います。
ダウンロードアイコン
タップすると利用可能なクラウドストレージアプリを利用してファイルをアプリ内にダウンロードすることができます。
利用するクラウドストレージアプリを選択後、そのアプリの指示に従いダウンロード処理を行います。


利用可能なクラウドストレージアプリ

アップロードアイコン、またはダウンロードアイコンをタップすると、利用可能なクラウドストレージアプリの一覧が表示されます。
ここで言う「利用可能」とは、お使いのデバイスにドキュメントプロバイダ対応のクラウドストレージアプリがインストールされており、なおかつアカウント情報等を含めて利用可能であることを意味します。

本アプリではアイコンをタップした際にiOSの機能を利用して上記条件を満たすクラウドストレージアプリの一覧を表示します。


ImgM2.png



メジャーなクラウドストレージサービスにおいては、おおよその場合、各クラウドストレージ専用のアプリがリリースされています。
あらかじめデバイスにご利用のクラウドストレージサービスがリリースするアプリをインストールし、アカウント情報等を含めて利用可能な状態にしておくことで本アプリの一覧に表示されます。


アップロード・ダウンロード処理について
アップロードまたはダウンロード時にクラウドストレージアプリを選択してタップすると、本アプリの制御を離れて選択したクラウドストレージアプリが動作します。
アップロード先の選択UIやダウンロードするファイルの選択UIのほか、実際のアップロード処理、ダウンロード処理は本アプリではなく選択したクラウドストレージアプリの動作となります。
これらクラウドストレージアプリの処理についてご不明な点がございましたら、アプリやクラウドサービスの提供元にご確認いただくよう、お願いいたします。