わたしの暗記カードとの連携

Img1.png

わたしの選択問題 ヘルプ

使い方トップ

表示

画面別

表示

目的別

表示


わたしの暗記カードとの連携

本アプリでは、iPhoneアプリ「わたしの暗記カード」「わたしの暗記カード(プラス)」(以下、わたしの暗記カード表記とします)でエクスポートしたCSVファイルを問題データとしてインポートすることができます。
本説明では「わたしの暗記カード」のエクスポートファイルが利用可能なクラウドストレージに保存されている前提で記載しています。


Step1. クラウドストレージから「わたしの暗記カード」のエクスポートファイルをダウンロードする

クラウドストレージに存在する「わたしの暗記カード」のデータファイル(CSV)を本アプリ内にダウンロードします。


1. トップ画面「クラウドストレージ」ボタンをタップします。

トップ画面の「クラウドストレージ」ボタンをタップします。


ImgK13.png


2. ダウンロードボタンをタップします。

クラウドストレージ画面が表示されますので、ダウンロードボタンをタップします。


ImgK14.png


※「クラウドストレージ画面」についてはこちら


3. 「わたしの暗記カード」のデータファイルが存在するクラウドストレージのアプリを選択します。

ダウンロードボタンをタップすると、現在利用可能なクラウドストレージアプリの一覧が表示されますので、「わたしの暗記カード」でエクスポートしたデータファイルが保存されているクラウドストレージのアプリを選択してください。


ここで表示されるアプリの一覧は、お使いのデバイスにインストールされているドキュメントプロバイダー対応のクラウドストレージアプリです。
デバイスにインストールされていないクラウドストレージアプリやインストールされていてもアカウント情報等を含めて利用可能になっていない場合は表示されません。
(一覧として表示する判断を行っているのはiOS本体です)


ImgK15.png


4. 選択したアプリの指示に従い、データファイルをダウンロードします。

利用するクラウドストレージアプリを選択すると、ダウンロードする対象を決定するためのUIが表示されますので、そのアプリの指示に従ってダウンロードするファイルを指定、ダウンロードします。
(アプリの選択からダウンロードが完了するまでは本アプリの制御を離れて選択したアプリが動作します。そのため、ダウンロードのためのUIがアプリごとに異なります)

ダウンロードが完了し、クラウドストレージ画面のアプリ内ファイル一覧に「わたしの暗記カード」でエクスポートしたデータファイルが存在することを確認します。


※「クラウドストレージ画面」についてはこちら


Step2. インポート操作を行う

「わたしの暗記カード」でエクスポートしたデータファイルをインポート処理します。


1. インポート先とする問題集を作成・選択状態にします。

「わたしの暗記カード」の問題データをインポートする問題集をあらかじめ登録して選択状態にします。
すでに存在する問題集をインポート先とする場合にはその問題集をタップして選択状態にします。

※問題集を登録する方法はこちら


2. 「インポート」ボタンをタップします。


ImgK16.png


3. インポートの設定を行います。

インポートの設定では、「わたしの暗記カード」でエクスポートを実施した際の設定に合わせて行います。
タイトル重複チェックはオフにします。


ImgK17.png


※「インポートの設定」画面についてはこちら


4. 「わたしの暗記カード」のデータファイルをタップしてインポートを実行します。

インポートの設定画面下部の「アプリ内ファイル一覧」に表示されている「わたしの暗記カード」のデータファイルをタップしてインポート処理を開始します。


ImgK18.png


ImgK19.png


Step3. 出題時の設定を行う

【重要】「わたしの暗記カード」の暗記帳データを取り込んだ問題を出題する際には、「出題の設定」の「解答不足時の対処方法」を[他の問題の正答を利用]に設定してください。[選択肢を減らす]設定の場合、出題エラーとなり正しく問題が出題されません。

「わたしの暗記カード」のデータは質問文に対する解答文(正答)が1つだけ存在する形式ですので、誤答が未登録の状態になります。
そこで選択肢問題を出題するために他の問題の正答を誤答として選出する機能をオンにする必要があります。

※「出題設定画面」の詳細についてはこちら