エクスポートの手順

Img1.png

わたしの選択問題 ヘルプ

使い方トップ

表示

画面別

表示

目的別

表示


エクスポートの手順

アプリの問題データをCSV(TSV)ファイルにエクスポート(書き出し)します。
エクスポートして生成したCSV(TSV)ファイルはアプリ内に保存された状態になりますので、クラウドストレージを利用してアプリ外部に取り出すことができます。
表計算ソフトで読み込んで問題データの追加・修正を行い、再度インポートすることでアプリ内のデータに反映させることもできます。


Step1. アプリでエクスポート操作を行う


1. エクスポートボタンをタップします。

エクスポートは問題集の単位で行います。エクスポートする問題集を選択した状態で「エクスポート」ボタンをタップします。


ImgL1.png


2. エクスポートの設定を行います。

エクスポートして生成するファイルの名称、ファイル形式、エンコーディング方式、改行コードをお使いのPC(OS)や表計算ソフトに合わせて設定します。


ImgL2.png


※「エクスポートの設定画面」についての詳細はこちら


3. 「開始」ボタンをタップしてエクスポートを開始します。

開始ボタンをタップしてエクスポート処理を開始します。
エクスポート処理が完了すると、問題データを含んだCSV(TSV)ファイルが生成され、アプリ内に保存された状態になります。


ImgL3.png


ImgL4.png


Step2. 生成したファイルをPCに移動する

エクスポート処理を行って生成したCSV(TSV)ファイルはアプリ内に保存された状態です。
このファイルをPCで開くためには、クラウドストレージを介してアプリ内から外部に移動する必要があります。

・クラウドストレージを利用したインポート用ファイルの移動イメージ

ImgL5.png



利用可能なクラウドストレージ
本アプリでは、下記の条件を満たすクラウドストレージを参照することができます。

・ドキュメントプロバイダーに対応したアプリが提供されていること
・上記アプリがデバイスにインストールされており、そのアプリでアップロード・ダウンロードともに利用可能であること

本アプリはクラウドストレージを参照する際に上記条件を満たすアプリを一覧表示し、その中から選択されたクラウドストレージアプリを利用してアップロード・ダウンロードを行います。
(実際には大手クラウドストレージの大部分がドキュメントプロバイダーに対応したアプリをリリースしているようです)



1. 「クラウドストレージ」ボタンをタップします。


ImgK13.png


2. ファイル一覧の生成したファイルのアップロードボタンをタップします。

クラウドストレージ画面には、アプリ内に存在するファイルの一覧が表示されます。
この一覧の中にエクスポートしたファイルがあります。
エクスポートしたファイルの右側にあるアップロードボタンをタップします。


ImgL6.png


※「クラウドストレージ画面」についての詳細はこちら


3. 利用するクラウドストレージアプリを選択します。

アップロードボタンをタップすると、利用可能なクラウドストレージアプリの一覧が表示されますので、アップロード先として利用するクラウドストレージのアプリを選択します。


ここで表示されるアプリの一覧は、お使いのデバイスにインストールされているドキュメントプロバイダー対応のクラウドストレージアプリです。
デバイスにインストールされていないクラウドストレージアプリやインストールされていてもアカウント情報等を含めて利用可能になっていない場合は表示されません。
(一覧として表示する判断を行っているのはiOS本体です)


ImgK15.png


4. 選択したアプリの指示に従い、エクスポートしたファイルをアップロードします。

利用するクラウドストレージアプリを選択すると、アップロード先の場所を決定するためのUIが表示されますので、そのアプリの指示に従ってアップロード先の場所を指定、アップロードします。
(アプリの選択からアップロードが完了するまでは本アプリの制御を離れて選択したアプリが動作します。そのため、アップロードのためのUIがアプリごとに異なります)


※「クラウドストレージ画面」についてはこちら